読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フムフム

テレビやニュースなどで個人的に気になったことを調べて、独自の視点でご紹介していきます。

鈴木優磨がファーストタッチでダメ押し!【FIFAクラブワールドカップ2016準決勝】

FIFAクラブワールドカップ2016準決勝。

後半39分、ダメ押しの3点目が入りました。

それも変わったばかりの鈴木優磨が、なんとファーストタッチで決めちゃいました。

ファーストタッチで決めるなんてかっこよすぎです。

 

ということで今回は、FIFAクラブワールドカップ2016準決勝、鹿島アントラーズ対アトレチコ・ナシオナルのダメ押しの3点目を決めた鈴木優磨選手のゴールシーンを詳細に語っていきます。

Sponsored Link
 

鈴木優磨選手がファーストタッチでダメ押しの3点目

f:id:syundesu:20161214223047p:plain
鈴木優磨

試合中も

「俺を出せ、俺を出せ」

と、血気盛んだった鈴木優磨選手。

よっぽど自信があったんでしょうね。

って、FW、いわゆる点取り屋はそれぐらいの自信がないとダメですね。

 

でも、それを見事に得点という結果に変えるなんてまじすごいっす。

大体はそうはうまくいかず、ビッグマウスで終わってしまうというのが関の山。

しかし、得点という結果、しかもそれをファーストタッチで決めてしまうというところは凄いですね。

 

では、そのゴールシーンを改めて振り返ってみましょう。

 

相手ゴールキーパーがゴールキックしたのを競り勝ち、うまく拾った鹿島アントラーズ。

背番号25番の遠藤康選手がこれまた見事に前線にパスを出し、背番号10番の柴崎岳選手が相手ディフェンダーに競り勝ち、相手ディフェンダーが倒れ込む!

日本人ってどうしても当たり負けすることが多いんですけど、この時の柴崎岳選手強かったですね。

逆に相手が倒れちゃうんですから。

体幹、ボディバランスって大切ですね。

 

そして、中央に走り込んできた鈴木優磨選手が

「ココココ」

と言わんばかりにパスがほしい場所を指差し、それを見たのか察したのか柴崎岳選手、グラウンダーでパス。

そして、それを鈴木優磨選手、確実に決め

 

ゴーーーーール!!

 

そして、クリスティアーノ・ロナウド選手の真似、パフォーマンスをし、会場をわかせていました。

 

いや~、これはお手本と言わんばかりにきれいに決まりました。

きっちりゴールを決めた鈴木優磨選手もすごいですが、ピンポイントでパスを出した柴崎岳選手。

そして、その柴崎岳選手にうま~くパスを出した遠藤康選手と、見事な連携プレーでした。

ほんときれいな流れでした。

 

この見事な連携プレーは、日本代表チームではなかなか難しいところです。

鹿島アントラーズというクラブチームだからこそ出来た連携プレーなんじゃないでしょうか。

 

この見事な連携プレー。

是非12月18日(日)19:30から行われる決勝戦でも見せてほしいところです。

このまま勢いに乗って優勝だ!

Sponsored Link